áit áthasach, Ireland

海外在住のWEBライターが子育てをしながら人生を豊かにする情報をお届け【30代からの資産構築や心の豊かさについて】

クリスマスプレゼントを手作りする方法

こんにちは★Maroonです。ブログを更新するのは久しぶりです。今日は、私が今年実際に作ってみたクリスマスプレゼントを紹介したいと思います。

 

https://www.instagram.com/p/BcRxU7RB-_6/

Instagram@maroon_Ireland (いつも行くカフェ)

 

クリスマスプレゼントの準備は早めに

 

『やることリスト』を溜めない工夫

最近やっとクリスマスプレゼントの準備や、家の大掃除が半分ぐらい終わり、なんとかブログを書く気持ちになれました。『やることリスト』がたくさんありすぎると、私の場合、気分が乗らずブログを書きたい気持ちになれません。

 

12月は物を捨てることと買うことを同時に行う月

『やることリスト』が山盛りになってしまった理由は、①今まで物を捨てるという行為を適当に行ってきたつもりで、出来ていなかったことと、②クリスマスプレゼントを渡す件数を甘く見積もっていたことでした。

 

一年を振り返ってお世話になった人たちをピックアップ

去年までは、それほど多くもなくギリギリからスタートしても大丈夫だったのですが、今年は病気をして周囲の人たちからお世話になったこともあり、そのお礼も兼ねて渡すことを考えると件数は9家族分、人数にするとなんと約15人分に達します!

 

プレゼントは買う vs 手作り

買って渡した方が楽なのですが、件数が多いだけに全部購入すると大変な額になってしまうし、小さな街で買えるものは限られているので他の人と重なると嫌だし、半分は購入し、残りは手作りにしてみました★ 手作り=相手が喜ぶとは限らないので、注意が必要です。

 

 

簡単に作れる物からどんどん作ってゆく

 

作るのに時間や手間がかかる物は最後に

私の場合、仕事はなんでもそうなのですが最初から頭を悩ませるような難しい仕事は後回しにして、大体の構想を練っておき、その間に簡単に仕上げられる事からサクサクを進めて行ったほうが、リズムに乗ってスムーズに作業を進めることができます。

 

途中からは同時進行で

クリスマスプレゼントの準備も同じで、購入するにせよ手作りにするにせよ、簡単な方からどんどん進めて行きます。そして、その間に難しい方のプレゼントの案がどんどん形になってゆくというのが一番ベストのはずでした。

 

物語の主人公になれるフォトアルバム

 

今回の最大のミステイクは一番難しいプレゼント作りから始めてしまったのです。というのも、一番難しいプレゼントが一番楽しかったからです。下がそのプレゼントです。娘と彼女の友達に同じ物を2セット作りました。構成は完全にオリジナルなので、その分時間もかかりました。(1冊大体20時間ぐらい?

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpBn9ah6_g/

Hand made photo album for daughter and her friend.

 

臨場感がでやすいコラージュブック

コラージュブックに子供の写真を切り抜いて貼り付けるタイプのフォトアルバムです。これは、ただのフォトアルバムではなく、子供の写真を切り抜いて貼り付けることで、臨場感が出ます。

 

 素材は自由に選ぶ

素材は何でも良くて、雑誌の切り抜きや、絵本やポストカードの切り抜きなどでも作れます! 今回は手作りカードキットに入っていた素材を切り抜いて使用しました。

 

https://www.instagram.com/p/BcpDh3QBa_q/

Handmade collage book for my daughter and her friend.

 

一部割愛しているので、実際にはもっとたくさんページ数があります。

 

https://www.instagram.com/p/BcpCAfnhn6l/

Handmade collage book for my daughter and her friend.

 

 

途中から趣向を変えてみました。切り抜いて貼り付けた方が、立体感が出て面白いし、子供の写真を貼り付けたときに、まるで子供が物語りの主人公になったような雰囲気が出るので、その世界に入っていきやすく、子供は喜びます。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpDyunhqZe/

Handmade origami photo album for my daughter and her friend. 

 

 

途中から『折り紙』や『切り絵』にしてみました。こうして西洋と日本の文化を比べてみると、圧倒的にインパクが違います。大胆でモダンに作れる点が『折り紙』や『切り絵』の凄いところだと思います!そしてそれこそが、日本の江戸時代までの文化が今でも世界中で絶賛されている理由ではないかと思います。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpEGxohNIx/

Self made origami photo album for daughter and her friend

 

幼い頃に出会った一流の切り絵の世界

全体の組み合わせはオリジナルですが、雰囲気は保育士の先生が見せてくれた素晴らしい切り絵を参考にしました。私が通っていた幼稚園には当時は珍しかった男性の保育士がいて、その人が切り絵の天才だったのです!彼の作品は毎回本当に素晴らしくて、今でもはっきりと覚えています。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpEYfah2HW/

Self made origami photo album for daughter and her friend.

 

手を抜かない

先生の作品は一切手を抜いておらず、目や口などもペンで書いたりせず、すべて切り絵でした。それでいて小気味良く、見ていているだけでそのリズム感が伝わってきます。子供はそういう繊細な部分まで全てを感じとっているのだな、とつくづく思います。

 

 

先生は、毎年バザーの季節になると、等身大ぐらいの大きな切り絵のタペストリ作品をバザーに無償で出品していました。その他にも手作りカードを出品していました。また、お正月には園児全員に手作り切り絵の年賀状を送ってくれたのです。

 

 

先生は今は何されているのでしょうか?あれから30年以上が経ちましたが、私が幼稚園児だった頃、大人から当たり前のようにしてもらった事を、同じ様に娘や周囲の子供たちにしてあげるのは、とても難しいこだと感じています。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpE5oMBjAy/

Self made origami photo album for daughter and her friend

 

夢を創造できる大人に

あの頃憧れていた夢を与えてくれる大人に、私がなれているかどうかは、正直言って疑問です。時代も違います。左上は初めて作った折り紙の『桃の花』幼稚園のときに先生がいとも簡単そうに作ってくれたのを覚えています。それがこんなに難しかったとは。。。

 

先生もきっと仕事が終わったあとに、自宅で何度も練習して、次の日何事もなかったかのように園児の前で披露してくれていたのかもしれないと思うと、心が温かくなりました。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpFDGDhAi9/

Self made origami photo album for daughter and her friend.

 

小さい頃、再放送で良く見ていた『ひょっこりひょうたん島』をイメージして作ってみました。意外に遠近感を出すのが難しかったです。こうしてみると、切り絵もかなり奥が深くて、もっと絵画のように遠近感を出せるはずだし、追求してみたくなります。ここはアーティストとしての腕の見せどころです★

 

 

身近な人たちだからこそ手作りのプレゼント

 

手作りプレゼントはケチ!?

アイルランドでは、人にもよると思いますが、クリスマスプレゼントには大金を支払う人たちが多く、アイルランド消費社会を支えていると言っても過言ではありません。なので手作りのプレゼントは少しケチという印象をもたれる場合も少なくないと思います。そこで、私は半分は購入し、残り半分は手作りにしました。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpA9aVh0-b/

Christmas presents for extended family

 

 

普段は高級でなかなか手が出せないアメリカの『ヤンキーキャンドル』毎年、お正月用に購入していますが、今年は夫のお母さんと妹さんにも購入しました。香りがとても高くて、使わずにそのまま部屋に置いておくだけでも香りがあたりに充満します。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpBM1HBf33/

Handmade Christmas presents for extended family

 

一部だけ手作り

相手の好きな色や好みを知っているならば、手作りのプレゼントもアリだと思います。あまり時間がないので、帽子は買って、お飾りの部分だけを手作りにしました。お花は以前にも作ったことがあったので簡単にできましたが、『ポンポン』が意外に大変でした。

 

ポンポンで会話が盛り上がり・・・

まさに30年ぶりに作った『ポンポン』なのですが、そのことを伝えると夫が私たちの

歳の差に今更ながら気づいて驚いていました。「30年前は僕はまだお父さんの大海原で泳いでいたよ。。。」

 

(咳払い)

 

 

意外に難しいポンポン 

綺麗な『ポンポン』を作るのがあまりにも難しいので、最近はポンポンメーカーという優れものがあるそうです。私は持っていなかったので、ダンボールで代用しましたが、それでもかなり大変でした。それと、切れやすいお裁縫用のハサミがあった方がきれいに作れます。

 

いつもお世話になっているご近所さんへのプレゼント

 

 ご近所さんとのお付き合いは大切?

子供を通して知り合ったり、病気をした時に色々と助けてくれたご近所さんには、子供たちへ折り紙のプレゼントをすることにしました。折り紙はアイルランドでは学校でも教えているくらいなので知名度はありますが、少し変わった折り紙は珍しいので喜ばれます。

 

子供に人気のある種類 

写真では紹介していないのですが、手の込んだカエルや、羽を動かして遊べるドラゴンなどはいつも人気です。今回も2個ドラゴンを作りました。子供はただの飾りではなくて、実際に手を動かして遊べるおもちゃが好きなので、羽が動くドラゴンや飛び跳ねるカエルは人気です。また、少し時間はかかりますが、恐竜も大人気です。

 

https://www.instagram.com/p/BcpAqaWB_Xb/

Christmas presents for neighbourhood

 

 

 今年は何と言ってもピカチューが大人気。アイルランドでもとても人気があるので、ピカチューのシオリを作りました。右は、ハート型の扉を開けると箱になる折り紙です。

 

 

折り紙を自分で分解して作ってみようとする子供もいるので、知育にも良くお母さんたちからも喜ばれます。また、大人も楽しめる折り紙のクリスマスデコレーションなども一緒に同封しておくと、さらに喜ばれます。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpAzUzBXTh/

Christmas presents for neighbour kids

 

 

大変お世話になった人たちの子供には、もちろん折り紙だけではなくお店で購入したプレゼントを用意しました。上の写真は車がとても好きな3歳の男の子に渡す折り紙です。この他に、ディズニーの車のおもちゃも用意しました。

 

 

https://www.instagram.com/p/BcpFPqmhGdX/

Christmas presents for neighbour babies

 

 

お付き合いの期間は浅いけど、情報交換したりちょっとした食べ物をいただいたりしたご近所さんの赤ちゃんには、ベビー用の小さな絵本を用意しました。本当はクリスマスがテーマの絵本を贈りたかったのですが、みんな考えることは一緒のようで、売切れてしまっていたので、こちらに。

 

ペットのワンコにもクリスマスプレゼント

https://www.instagram.com/p/BcpBXTshaFc/

Christmas presents for doggiestお

 

 

今年娘がお世話になったといえば、やはり夫のご両親が飼っている介護犬のベアー君です。私の入院中や治療中にずっと夫のご両親が娘の面倒を看てくれていたのですが、ベアー君もつねに娘に寄り添って危険から守ってくれました。

 

介護犬って凄いらしいです。危険が飼い主に生じそうになると、事前に知らせてくれるそうです。感謝の気持ちをこめて、おもちゃと、犬用のガムを買いました。

 

プレゼントを購入する場合のおすすめ

 

プレゼントを購入する時間がなかったり、あっても何が良いか迷う場合は、ギフトカードが喜ばれると思います。アイルランドならば、相手が若い世代であればファッションブランドの『Penny's』中年層であれば『M&S』などのギフトカードが喜ばれます。金額は、ギフトカードを購入してからオンラインで課金することが可能なので、便利です!

 

 

おわりに

 

住んでいる国によってクリスマスに関する温度差はあると思いますが、アイルランドはクレイジーなほどプレゼント買いまくってお祝いする人たちと、しょうがないから慣行で行う人たちが半々ぐらいです。もともと、カトリック色が強い国なのでクリスマスは盛大に行われてきましたが、最近の若者の宗教離れによって、熱が冷めて行ったと言われています。

 

 

それでも、クリスマスショッピングは毎年9月頃から行われ、その消費力はアイルランドの消費経済を支えているとも言えます。日本ではお祝いというよりも、雰囲気を楽しむという方が合っているように思います。アイルランドに嫁いだ私にとっては、スーパーから物や食品の在庫がなくなるアイルランドのクリスマス現象には目からうろこでした!

 

 

そんな風潮にはお構いなしに、今回は少し日本の文化を取り入れたクリスマスプレゼントを作ってみました。大変だったけど、子供の頃のことを思い出したりして、とても楽しかったです。いつでも、子供目線で夢のある大人でありたいです。そのためには、現実社会である程度成功しなくては。。。

 

 

そんなリアルな事を考えつつ、何事も楽しむことが大切だなと再度実感しました。段取りをもう少し良くすれば、もっとストレスフリーで楽しめたと思うので、来年ももし作ることがあれば、参考にしたいと思います。

 

 

今回も長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださいましてありがとうございました★