áit áthasach, Ireland

海外在住のWEBライターが子育てをしながら人生を豊かにする情報をお届け【30代からの資産構築や心の豊かさについて】

料理大好き夫が作った【マスカルポーネ入りチーズケーキ】

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170922232754j:plain

 こんにちは★ Maroon(マルーン)です。

 

今日は、以前に私の旦那さんが彼の友人の奥さんの誕生日に、友人から頼まれて作ったマスカルポーネ入りチーズケーキ」がとても美味しかったので、紹介したいと思います。マスカルポーネが入っているだけで、普通のチーズケーキより少し高級な響きがあります。実際のお味もとろりとした食感に、ほんわりとした甘みが品があり、彼の友人からも好評でした。

 

旦那さんはラグビー、ボクシング、日本の武術などをやってきたせいで、見た目はがっしりしています。しかし中身はかなり女子力が高く!?、お料理、洗濯、アイロン、掃除、裁縫をやらせたら何でも私より上です(汗)。というわけで結婚する前から彼からいろいろと家事を教わってきました。

 

お義母さまから小さい頃から厳しくしつけられてきた彼は、お義母さまの努力の甲斐あってしっかりと何でも自分で出来る息子に育ちました。家事において私が彼に勝るのは整理整頓とお部屋のデコレーションくらいです。娘もぜひ彼のように育って欲しいと思いますが、どうなることやら。

 

お義母さんについてはこちらの記事に少し書いています。

blog-ireland.hatenablog.com

 チーズケーキをこの記事のためにもう一度作ってもらいました★(この記事は彼が親指を骨折する前に作成したものです。今はだいぶ良くなり、お料理も普通にできます。)旦那さんが英語で書いてくれたレシピを、私が適当に直訳しました。英語圏に住んでいる方などで英語の方が読みやすい!という方もいるかと思うので、英語版も載せておきます。

 

目次

 

マスカルポーネ入りチーズケーキの作り方

材料

  • Mascarpone(マスカルポーネ)100g 
  • Icing Sugar(粉砂糖)120g
  • Full Fat Cream Cheese (脂肪分無調整のクリーム・チーズ) 300g 
  • Digestive Biscuits(ダイジェスティブビスケット 《全粒粉[全麦]を使った軽く甘いビスケット》)研究社 新英和中辞典参照 200g 
  • melted real butter(溶かしたバター)100g 
  • 1 can of caramel(キャラメル)

作り方

1. Finely grind digestive biscuits and mix with melted butter. Place in Cheesecake dish and place in fridge for 20 minutes to harden.

ダイジェスティブビスケットを細かく砕き、溶かしたバターと混ぜる。それをチーズ・ケーキの容器(写真のようなアルミ製)に入れ、冷蔵庫で20分冷やして固める。


2. Remove base from fridge and spoon caramel and spread evenly over base. Return to fridge for another 20 minutes 

生地を冷蔵庫から取り出し、キャラメルを生地の上に均等に乗せる。冷蔵庫に戻し、更に20分冷やす。

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170816202305j:plain


3. Using an electric mixer, blend the mascarpone, cream cheese and icing sugar at a medium speed for 20 minutes

ハンド・ミキサーを使い、マスカルポーネ、クリーム・チーズ、粉砂糖を中間のスピードで20分混ぜる。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170816202311j:plain

 

4. Pour mixture on top of cheesecake base and cool in fridge for 4 hours

混ぜたものを、生地の上に乗せ、冷蔵庫で4時間冷やす。

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170816202321j:plain

 

5. Serve when ready. Note it is best to only serve what is required and return the rest to fridge as real cheese cake starts to become soft quickly once out of fridge.

できたら召し上がれ。※注意:このチーズケーキは冷蔵庫の外に置いておくとすぐに柔らかくなってしまうので、食べる分だけをお皿にとって、残りは冷蔵庫に戻しましょう。

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170827003653j:plain

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170816202226j:plain

 

チーズ・ケーキを食べてみた感想

  • 普通のクリーム・チーズにマスカルポーネを入れることによって、より柔らかい仕上がりになっている
  • 口に入れた瞬間に口の中で溶けるような食感がある
  • マイルドな味わい
  • キャラメルとクリーム・チーズの絶妙な組み合わせが美味しい
  • 全麦ビスケットが香ばしさと、より深い味わいを引き出してくれる

 

おわりに

私は、お料理は結構上手な方だと自分では思うのですが、正直言って嫌いです。それに、ケーキやその他甘い物はたまにしか食べたいとも思いません。でも、このチーズケーキは結構何皿も食べてしまいました。

 

今まで生きてきてケーキを作った経験は1回のみです。高校生の頃、バレンタインデーに、片思いだった男の子に徹夜してキャロット・ケーキを作ってあげました。結局その恋は実らず。。。そんな辛い思い出があるから、というわけではないのですが、それ以降ケーキは作ったことがないんです。

 

娘が大きくなってきたら、手作りのケーキなどを食べさせて「母の味」を体験して欲しいと思います。でも、幸い夫婦は上手くできていると言いますか、お互いの苦手な部分を補うようになっているものだな~とつくづく思います。彼がケーキを作るのが得意なので本当に良かったです★ 最近は、何が何でも「母の味」ではなく「父の味」でも良いのではないかと思うこの頃です。

 

今後も、彼が作る料理で美味しそうな物があれば、レシピを紹介してゆきたいと思います。

 

今日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。