Travel-Happy-Ireland

ガイドブックには載っていないアイルランドの情報&子育てなど

3年ビザをついに取得!!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170920200925j:plain

Photo by Thought Catalog 
 

こんにちは★Maroonです。昨日はコーク県のミドルトン(Midleton)にある移民局に行って、新しいGNIBカードの更新と配偶者ビザ(Stamp4)の更新を行ってきました。結婚してから毎年行ってきた配偶者ビザの更新でしたが、4年目にしてやっと3年間有効のビザに切り替えることができました!

 

毎年手続きが面倒だな、と正直思っていたのであと3年は移民局に行かなくて良いかと思うと本当に嬉しいです!ちなみに、配偶者ビザを持っているとアイルランドで普通に労働することができます。今日は、せっかくなので配偶者ビザの申請の手続きなどについて紹介したいと思います。

目次

 

早めに情報を集めよう!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170920201052j:plain

Photo by Andrew Neel
 

こういった情報は毎年変わる可能性があるので、正確な情報が必要な方は近くの移民局またはダブリンでの確認が必要です。電話したり、出向けば詳しく丁寧に教えてくれます。また、概要が知りたければCitizens Informationでも色々教えてくれます。今持っているビザから切り替える場合は、そのビザの期限が近づけば近づくほど、焦って物事の判断が鈍るしストレスも溜まるので、早めに情報を集めておきましょう!

 

1年目・配偶者ビザの申請

必要なもの

  • 結婚証明書
  • 私と夫の名前が入っている公共料金の請求書など、住所を証明できる書類
  • 私と夫のパスポート
  • 私と夫のPPSカード(私は2014年にPPSカードを取得しましたが、その頃はなんと観光ビザでもPPSカードを取得できました! 今はルールが変わったかもしれませんが、婚約証明書を提出したので取得できたのではないかと思います。

手続き

以上の書類を提出して、その場で写真を1枚撮って終わりでした。ちなみに、私一人ではだめで、必ず夫も同席しなくてはなりませんでした。あとは全てImmigration Officerがやってくれました★その場でStamp4をパスポートに押してくれて、ビザの期限を書かれました。ビザが切れる日の3ヶ月前になったら連絡して更新の予約をするように言われました。数週間後にGNIBカードができあがり、取りに来るように言われました。

 

2年目以降のビザの更新

必要なもの

  • 出産証明書(娘が生まれたので、娘の出産証明書が必要になりました)
  • 結婚証明書
  • 住所を証明できる書類
  • 私と夫のパスポート
  • 私と夫のPPSカード
  • GNIBカード

手続き

2年目以降も更新の際には必ず夫の同席が必要となります。1年目と一緒で必要な書類を提出して写真を撮ってもらっておしましです。私たちは2年目に別な地域に引っ越したので、結婚証明書や住所を証明できる書類を提出させられましたが、3年目以降は私と夫のパスポートとPPSカード、GNIBカードだけで済みました。

 

まとめ

毎年更新していたビザですが、4年目からは3年に一度の更新になるようです。以前から聞いて知ってはいましたが、実際に3年ビザを取得できると少し気持ちが楽になりました!そしてさらに4年後には市民権を取得できるそうです。アイルランドの市民権を取得するとEUの市民権も同時に取得でき、EU圏内ならどこでも生活することができます。

 

ただ、日本は二重国籍を許可していないので、アイルランドの市民権を得ると日本国籍を捨てなくてはなりません。そうなると、日本に帰国して生活する場合、再度国籍を取得しなくてはならなかったり、相続に問題がでてきたりと色々面倒なので、今のところは日本国籍のままにする予定です。

 

娘も21歳になるまでは二重国籍が許されていますが、それ以降はどちらかの国籍を選ばなくてはなりません。どちらを選ぶかは本人の自由ですが、国籍の問題はなかなか一筋縄では行かないようです。世界中を見渡しても二重国籍が許可されていない国は少ないので、日本もそろそろ二重国籍を許可してくれれば良いのに、と思うのは私だけでしょうか?

 

今日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!