Travel-Happy-Ireland

ガイドブックには載っていないアイルランドの情報&子育てなど

★50セントで購入した骨董本!!★ 【掘り出し物を紹介】

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170730233953j:plain

 

こんにちは。

日本では今月初めから豪雨や台風が続き、多くの方たちが被害に

合われたと聞いています。

 

アイルランドにいると、なかなか日本の情報が入ってこないのですが、

昨日、私のお気に入りのYou Tuberのひとり、 HIKAKINさんが動画で

募金を募っていて、知りました。

 

いまだに避難されている方が大勢いるとのことで、一刻も早い復興を

お祈りいたします。

 

こちらでも、雨の日が続いています。

気温もだいぶ下がってしまい、ちょっと残念な日々が続いています。

 

でも、これから8月、9月と天気が良くなる事が多いので、

期待したいと思います。

 

最近あまり外出せず、本を読む機会が多いのですが、今日紹介する

本も、その内の1冊です。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170730235038j:plain

 

以前、「セント・ヴィンセント・ポール」というチャリティ・ショップ

で購入しました。

 

チャリティ・ショップは全て寄付から成り立っているリサイクル・

ショップで私もたまに利用しています。

 

「セント・ヴィンセント・ポール」はその中でも一番歴史があり、価格は

一番良心的だと思います。

 

店舗はアイルランド各地だけでなく、イギリス全土にもあります。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170730235557j:plain

たまに掘り出し物があるので、2週間に1度ぐらいはチェックするように

しています。

 

今日紹介するこの本は、日本で言うギリシャ神話」なんですが、

50セントで購入しました。

 

私が読んでも、娘が大きくなってから読んでも良いかな、

と思い買ったのですが、、、

 

 調べてみると、結構昔に出版された骨董本であった

ことが判明したのです。

 

アイルランドのチャリティ・ショップでは高価な品物であっても、

子供用の物はかなり安くしてくれます。

子供には特に凄く優しい人々なのです。)

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170731000309j:plain

 

同じ出版社から、同じ翻訳者で1950年代以降に、似た本が出回っていますが、

そちらは、もっと白っぽい紙を使っています。

 

この本は、どうもそれよりずっと以前の1930年代の代物らしいのです

残念ながら、最初のページが破れてしまっているので、詳しい年代は特定

できません。

 

ただ、この本の翻訳者の経歴を調べてみると、1934年に「ギリシャ神話」

と「アラビアン・ナイト」を立て続けに出版したことなっています。

 

アラビアン・ナイトも同じ本の中に収められています。

 

 

歴史に詳しい旦那さんに検証してもらいましたが、彼も同じ見解でした。

 

旦那さんは、歴史書や骨董本をいくつも読んでいるので、大体の見極めが

つきます。

 

このように、手元にある一冊の本の歴史を探ってゆくのは、なんだか

ワクワクします。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170731001541j:plain

この本の最初の持ち主、つまり、この本を最初に買い与えられて読んでいた

小さな子供は、今はもう85歳を超えたおばあさんか、おじいさんなのか、

と思うとなんだか感慨深いものがあります。。。まだ生きておられるので

しょうか。。

 

それに、はるばる日本からやってきた私とこの本が出会うまでに、

一体何人ぐらいの子供がこの本を手にしたのだろう。。。

 

そんな事を考えていると、この本と私が出会えたことは、確率的に

とても凄いことのように思えてくるのです。

 

もし、アイルランドに住んでいる人、または旅行に来る人で、アンティーク

などに興味がある人は、是非掘り出し物を、古本屋やチャリティ・ショップで

探してみてください♪

 

素敵な出会いがあるかも知れません。