Travel-Happy-Ireland

ガイドブックには載っていないアイルランドの情報&子育てなど

The Secret Garden③ 愛の告白

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170727001656j:plain

こんにちは!

私がこのブログで勝手に作ったシリーズ「The Secret Garden」では

アイルランドで育つ花や植物、またそれにまつわるストーリー紹介しています。

 

今日はその第3回目で、紹介するお花はベゴニアです。

 

日本だけでなく、世界各地でとても人気のあるお花です。

もちろん、アイルランドでも室内で冬越しさせることで、ちゃんと育つことが

できます♪

 

ベゴニアの花は私にとってとても身近な存在です。

小さい頃から母が育てていて、冬には室内を明るく飾ってくれました。

 

また、どこのお家に遊びに行っても、育てている人が多いので、

良く見かけます。

 

一つひとつの花びらは小さくて、可憐な感じなのに、それがたくさん

集まると、とても凄いパワーを感じさせてくれるお花です。

 

ベゴニアの花言葉は、

「愛の告白」「親切」「幸福な日々」です。

 

想いを寄せている人に、鉢植えでプレゼントするのも良いですね。

 

プレゼントする相手が女性であっても男性であっても、それほど

手がかからないですし、可愛らしいので喜ばれるお花です。

 

女性は男性から花をプレゼントされるのが好きです。

10年以上前、知り合いの男性から彼女との仲直りの方法で、

相談されたことがあります。

 

その時に私は花束をプレゼントすることを提案しました。

怒っている相手に、何を言ってもなかなか聞いてもらえません。

でも、無言でただ花束を渡す、それだけで効果は抜群です。

 

その後、花束のプレゼントは大成功だったと、感謝されました。

 

結構、ありがちな手法だし気恥ずかしいなどの理由でしない人が

多いのですが、是非おススメですよ。

 

ベゴニアの鉢植えを意中の男性や女性にプレゼントする場合、

個人的におススメなのは、自分が育てているベゴニアを株分けして

あげることです。

 

共通の話題が増えるだけではなく、子供のように可愛がって

育てている植物を共有することで親近感が湧き、関係がぐっと

近くなります。

 

花のパワーって凄いですね!

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170727003606j:plain

【ベゴニアの歴史】

 ベゴニアは一般的には、ブラジル(現ハイチ)が原産と言われていますが、

実際にはブラジルで1690年に発見される以前に、メキシコや中国でも使用され

ていたそうです。

 

 中国では14世紀頃すでに、風邪の症状を和らげる薬として使用されていました。

(以下参照。)

 

ベゴニアとひとくくりに言っても、千種類以上存在します。

 

私が育てているのはエラチオール・ベゴニア(Begonia Elatior)という

種類です。

 

こちらの種類はドイツの育種家オットー・リーガー氏がベゴニア・ソコトラナ

(Begonia Socotrana)と球根ベゴニアをミックスさせることによって

作り出されました。

 

一重のベゴニアに比べると、花びらが八重に重なっていて、

とても華やかです。

 

毎朝お世話するのも、気分が晴れます。

 

普段気にとめることもなく、普通に享受している花ひとつをとっても、

育種家という一人の努力の結晶が詰まっていることに気づかされました。

 

ありがとう!リーガーさん。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20170727003658j:plain

 

【その他の情報・育て方など】

先ほど述べた花言葉ですが、西洋ではBeware(用心する)という意味が

あるそうです。日本とは全く違いますね!

 

真夏を除く9~6月(ほぼ一年中)に花を咲かせてくれるのが、嬉しいです。

 

寒さにも暑さにも弱く、寒すぎず、暑すぎないアイルランドの気候には

適していると言えるでしょう。

 

多年草なので、生命力が尽きるまで毎年花を咲かせてくれます。

 

雨が多いアイルランドでは、株元が蒸れないように葉の切り戻し、雨に

当たらないように軒下にプランターを置く注意が必要です。

 

そうすることによって、カビ系の病気の発生を防ぐことができます。

 

ベゴニアはビギナーでも割りと簡単に育てることができます。

水やりの仕方などは、基本に忠実に、土の表面が乾いたらあげます。

 

土のミックスが面倒だという方には、ホームセンターなどで簡単に

購入できる培養土ミックスがおススメです。

 

これは、意外と知られていないことなのですが、土は1年に1回新しい

土に換えた方が良いです。そうしないと、いくら栄養剤を与えても

植物や花の育ちが悪くなります。

 

古い土はリサイクルして、また栄養価の高い土に再生することが出来る

そうですが、面倒くさがりの私はやったことがないので、何とも

言えません。。。

 

寒くなってきたら、室内にとりこみます。

直射日光が苦手なので、レースのカーテン越しで育ててあげてください。

 

最後に、とっておきの情報をお伝えしたいと思います。

 

最後まで読んでくださった方だけが知れる、花を綺麗に咲かせる秘密

方法です。(もったいぶってすみません。)

 

これは、知る人ぞ知る、オーガニックな栄養剤のなのですが、

無料で家にある物で簡単に作ることができます。

 

それは、お茶です。

 

え!?と思われる方もいるかもしれませんが、本当に良く育ちますよ♪

 

緑茶は弱酸性なので、弱酸性の土を好む植物に与えます。

 

また、中性の土を好む植物には、ハーブティーなどをあげます。

 

もちろん、熱いままでは土が腐ってしまいますので、冷まして

常温にしてからあげます。

 

作り方は、使用済みのティーバックをティーポットに入れて、

お湯を注ぐだけです!

 

興味のある方は、是非ためしてみてくださいね。

 

今日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

【参考リンク】

www.gardenguides.com

www.shuminoengei.jp

www.bigbegoniarevival.com